不要な着物は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

先日、亡くなった母の着物を専門店で買取処分

誰かが着た渋い着物

今、伝統や歴史のある日本の独特の文化が注目を集めていますね。

例えば成人式を見た外国人の評判は「日本女性の着物姿が実に素敵」だとか「着物姿が可愛いわ」とか「着物の衣装模様がカラフルで綺麗」「日本の女性って本当に素敵だわ」などと外人さんからはよく聞かれる言葉です。

このように日本には伝統的衣装を着る習慣が、今でもちゃんと残っているというのは素晴らしい事だと思っております。

ところでその着物に関してですが、いささか私事になりますが此の度母が亡くなってしまい、旅館業を都合によって廃業することになったのです。

遺品整理の際に気がついたのですが、母の着用していた和服、着物類が10数枚あるのに気がついたのです。そしてこれらの着物類と合せて付属品である帯や帯留め、小物なども合せて処分することにしたのです。

処分する際、初めはリサイクルショップなども考えましたが、色々とネットサイトも調べてみると、着物のリサイクル取扱店で全国をネットワークしている着物の買取専門店も結構あるのに気がつきました。 そんなわけで、結局ネットによる買取専門店で買い取ってもらうことにしたのです。

担当者は着物の目利きにも精通している様で、色々なことを話されましたが、一応は納得できる価格で買取処分をしました。

一般に和服や着物と言うのは女性ばかりでなく男性も含めて、日本人の正装とする見方もありますし、特に女性の場合は訪問着などとして着る機会も度々あります。
そしてこれら高級品と言われるものは、着物というのは保存がとても難しいとされ、一度でも袖を通してしまうと湿気にあたり、それによってカビやシミが発生し、更にこれが害虫を呼ぶ事にもなります。 つまり保管や手入に十分気を使わなくてはならないということにもなるようです。

ところで着物の買取査定によりますと、私自身のものは化繊混合のもので大して値打ちのあるものではなかったが、母のものは全て正絹という立派なものでした。しかも折角の高級品の着物も保存の状態が悪いと、生地が経年劣化するおそれもあり、この時には価値ある高級品の価格が極端に下がるときもあるということです。

このように生前に大切にされていた着物には、色々な思いや歴史の詰まったものが殆んどでしょう。

そして何かの機会で箪笥の整理、遺品の整理、それに最近ではリサイクル時代とも言われているので、次の世代に「和文化」を受け継ぐことも含めて、一度お考えになってみるのもいいかもしれません。

産地と直結していて、全国チェーン店全体で共同仕入れをしているお店もあるようですし、中には経産省の認可を受けた専門業者もあるようですし、これらのことをネットサイトで検索しながら参考ににするのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ着物買取業者
バイセル
バイセル
着物買取種類

黒紋付(くろもんつき)
日本の心を表現する「最高の礼装」

留袖(とめそで)
最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

訪問着(ほうもんぎ)
ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

付け下げ(つけさげ)
柄がすべて上向きになっている

色無地(いろむじ)
一色無地の染めのきもの

小紋(こもん)
おしゃれ着の代表格

紬(つむぎ)
しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富

スピード買取.jp