不要な着物は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年07月16日

汚れの有無は着物買取の価格に関わってくる

深緑の着物

衣類の価値というのは、やはり使用感などに左右される傾向はあります。使い込まれた雰囲気があるかどうかは、間違いなく価格に関わってくるでしょう。

それは着物買取に対しても当てはまるのです。できる限り買取価格を高めたいと思うならば、使用感には気を付ける必要があります。
例えば、着物に対する汚れの有無などは、買取価格を左右する要素になるでしょう。着物Aに対しては、多少の汚れが付いているとします。いかにも、それを何回か使った形跡が感じられる状態です。それに対して着物Bの場合は、ほぼ新品だとします。

着物AとBを比較してみますと、やはりBの方が有利になる傾向があるのです。新品に近い物ですと、お店としても高く評価する事は間違いありません。ですから着物に対する汚れなどは、大切なポイントになるのです。
では着物に対して汚れが付いていると、買取が難しくなるかと言われれば、そうとは言えない一面があります。まず汚れが付いているからと言って、別に買取が不可能になる訳でもないのです。価値がある着物ならば、たとえ汚れがあっても、買取は行ってくれます。ですから多少は状態に難があっても、取りあえずお店に提示はしてみる方が良いでしょう。

ただし、自分でもお手入れは行っておくべきなのです。例えば、着物に対する水洗いです。たとえ着用した着物だとは言っても、やはり水洗いを行っておく方が、汚れなどは除去できる事は間違いありません。ですから洗浄してから着物買取を行う方が、価格自体は期待できる訳です。

その代わり、着物を洗う時には様々なコツがあります。まず、着物はとてもデリケートである点です。他の衣類とは違って、やや傷なども発生しやすい傾向はあります。着物を洗浄した事により、傷などが付いてしまいますと、価格も下がってしまう事は間違いないのです。ですから、傷には注意する必要はあるでしょう。

またある程度高い着物の場合は、あえてクリーニングに出してみる選択肢もあります。確かにクリーニングに出しますと、有料になる事だけは間違いありません。
しかし高級な着物の場合は、状態をよくする事により、だいぶ価格が高まる事もあるのです。クリーニング代が1,000円前後でも、それで査定額が3,000円ほど高まる可能性もあるなら、むしろクリーニングに出す方が良い事もあります。

いずれにしても着物買取では、汚れが1つのポイントになる事は間違いありません。できる限り価格を高くしたいなら、綺麗な状態にしてから査定に出す方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ着物買取業者
バイセル
バイセル
着物買取種類

黒紋付(くろもんつき)
日本の心を表現する「最高の礼装」

留袖(とめそで)
最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

訪問着(ほうもんぎ)
ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

付け下げ(つけさげ)
柄がすべて上向きになっている

色無地(いろむじ)
一色無地の染めのきもの

小紋(こもん)
おしゃれ着の代表格

紬(つむぎ)
しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富

スピード買取.jp