不要な着物は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

着物を着てみましょう

頭上で大きく丸のポーズをとる女性

祖母、母から受け継いだりして、着物をもっている女性はたくさんいると思います。しかしなかなか活用できず、死蔵してしまっている方が多い現状があります。着物は結婚式、お葬式、それ以外には夏の浴衣くらいと考えるのはもったいないです。

他にも日常的に着物を着用できる機会はあるはずです。たとえばちょっとしたお出かけでいうと、観劇が一番ハードルが低いです。和の観劇、例えば歌舞伎であったり文楽であったりは当然着物でいらっしゃる方も多いので、初めての着物のお出かけにおすすめです。次にオペラ、クラッシクコンサートなど、ドレスアップしなければいけない場所でも着物の方が多くオススメです。

ショッピングに着物を着ている若い人も増えています。この場合は紬や小紋などカジュアルなものが良いでしょう。友だちと複数で歩くと楽しいですね。

そうはいっても、着物の興味があるけどそもそも着物をもっていない、母や祖母の着物は好みが合わないという方もいらっしゃると思います。
都会にはおしゃれな古着の着物が置いてあるお店が近年たくさんあり、そういったお店で購入するのが良いです。

そういったお店には、大正昭和初期の本当に素敵な着物があり、うっとりします。ただそういうお店は値段も高いです。

そこで穴場としてオススメなのが、地元のリサイクルショップです。かなりの点数の様々な着物が低価格で売られています。比較的近年の着物が多いので、体格的に今の若い人と近く直さずに着られることもあり、そういったものを見つけられるとラッキーですね。

また着物をもう着なくなってしまった年配の女性は多いので、「最近着物に興味があって…」と話してみると、案外譲ってもらえたりするかもしれません。サイズを直したりする必要があり多少の値段がかかりますが、質のいいものを譲ってもらえる上に、逆に感謝されたりするので試してみる価値はあると思います。

上手に着物を活用して、ファッションの幅を広げて行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ着物買取業者
バイセル
バイセル
着物買取種類

黒紋付(くろもんつき)
日本の心を表現する「最高の礼装」

留袖(とめそで)
最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

訪問着(ほうもんぎ)
ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

付け下げ(つけさげ)
柄がすべて上向きになっている

色無地(いろむじ)
一色無地の染めのきもの

小紋(こもん)
おしゃれ着の代表格

紬(つむぎ)
しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富

スピード買取.jp