不要な着物は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年07月22日

着物買取に出す前には着物の状態のチェックをすることが大切

人差し指を立てる手と電球マーク

着物の買取をより高額で買取してもらうためには、いくつかの条件があります。売る着物が買取をしてもらうお店の需要と合っているかどうかをチェックしなければなりません。

着物の買取の世界では、お店によって特徴や取り扱い品目が異なることもあるからです。虫食いや色褪せの着物があってもOKの買取店もあれば、これらに該当するものは買取不可である買取会社もあります。自分が売ろうとしている着物の状態と、買取をしてもらうお店で必要としているものが、一致しているかどうかをまずは確認してみる必要があります。カビ、褪色、虫食いやシミなどがあっても買取OKのお店も多いですが、この状態に該当する着物は当然査定額は下がってしまいます。
着物は、今後も着ることがあるのかないのかを早めに判断できることが、高額で買取してもらえるために必要なことだといえます。

着物を手放す前には確認しなければならないことがあります。作家の着物などで証紙のあるものは、高額買取になるので必ず着物全体を細かくチェックします。生地でいえば正絹が最も高額査定となる傾向にあります。それ以外の生地は買取不可ということもないので、自分が売ろうとしている着物がどんな着物なのかを、まずはチェックすることが大切です。自分の着物の特徴を知れば、対応してもらえる買取店を見つけることが容易になるからです。

着物の買取ではリサイクルショップよりも着物の買取を専門としている買取店の方が、適正価格で買取をしてもらえる傾向があります。着物の目利きには経験と知識が必要だからです。リサイクル店ではリサイクル品という扱いで買取するので、高額になることは難しいものです。着物の買取には専門店を選ぶと、納得のいく買取額になるケースが多いです。

付属品があれば全て持って行きます。付属品類もセットの方が買取総額が高くなるからです。売りたいお店が決まったら買取方法を決めます。自宅から行くことができない場合でも、郵送買取や出張買取もあります。買取してもらいたい着物とお店の傾向が一致まではしたけれど、遠くて行けないからと諦める必要もありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ着物買取業者
バイセル
バイセル
着物買取種類

黒紋付(くろもんつき)
日本の心を表現する「最高の礼装」

留袖(とめそで)
最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

訪問着(ほうもんぎ)
ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

付け下げ(つけさげ)
柄がすべて上向きになっている

色無地(いろむじ)
一色無地の染めのきもの

小紋(こもん)
おしゃれ着の代表格

紬(つむぎ)
しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富

スピード買取.jp