不要な着物は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

着物買取の価格を左右する香りや湿気

ラベンダー
だいぶ前に購入した着物などは、たまに処分が検討される事もあります。新しい着物などをどこかのお店で見かけた時には、買い替えなどを検討する事もあるでしょう。実際、それを行っている方々も多いです。それで買い替え時に、着物買取が行われる事もよくあるのです。

ところで着物買取の価格は、やはり品物の状態と大きな関係があります。言うまでもなく、状態が良好な品物の方が、査定価格も高くなる傾向は確かにあるのです。ですからいずれ着物の買取を検討しているなら、できるだけ良い状態で保管するのが望ましいでしょう。
着物には、いくつか外的な脅威があります。1つ気を付けた方が良いのは、着物に対する虫食いです。

残念ながら住宅によっては、ちょっと虫が発生する事もあるでしょう。特に一戸建ての住宅などは、総じて虫の数も多いです。
もちろん着物に対する虫食いなどは、買取価格にも大きな影響を及ぼしてしまうのです。やはり虫食いがある着物などは、いかにも使用感がありますから、買取価格も下がってしまう傾向はあります。
しかし、それも普段の工夫次第なのです。セオリーはいくつかありますが、まず湿気などには気を付けた方が良いでしょう。

虫などが出現するか否かも、保管環境には大きく左右される傾向があります。総じて湿気が多い場所などは、虫が発生しやすいことは明らかです。できる限り保管場所の湿気を抑えてあげると、虫なども発生しづらくなるでしょう。
それと意外と軽視できないのが、保管環境における香りです。実は虫というのは、特定の香りには弱いのです。

例えば着物の場合は、シミという虫には注意を要します。一部の住宅に出没する虫なのですが、残念ながら、それは着物に対して損害を与えてしまう事もあるのです。時には、それで着物が食われてしまう事もあります。それでは着物買取の価格も下がってしまうでしょう。

しかし、それも香り次第なのです。実はシミという虫は、ラベンダーの香りを著しく嫌う傾向があります。ラベンダーは芳香剤として販売されている事もありますが、それを自宅に設置してみるだけで、随分と虫が発生する確率も低くなります。当然それで虫をブロックしておけば、着物の状態も良くなると見込めるでしょう。

何もラベンダーだけではありません。虫をブロックしてくれると認める香りは、他にもいくつかあるのです。ですから着物買取の価格を高めたいと思うなら、保管場所の湿気と香りを工夫してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ着物買取業者
バイセル
バイセル
着物買取種類

黒紋付(くろもんつき)
日本の心を表現する「最高の礼装」

留袖(とめそで)
最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

訪問着(ほうもんぎ)
ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

付け下げ(つけさげ)
柄がすべて上向きになっている

色無地(いろむじ)
一色無地の染めのきもの

小紋(こもん)
おしゃれ着の代表格

紬(つむぎ)
しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富

スピード買取.jp