不要な着物は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年09月23日

着物買取を依頼する際のチェックポイント

横を向きながら人差し指を立てる女性
着物は日本人にとって当たり前の存在でした。今でも古い家を整理したりすると、思わぬタイミングで出てくることがあります。そのため自分の生活では着物なんか関係無いと思っている方も、人生で着物を扱う可能性は決してゼロでは無いのですが、突然着物を手に入れてもどう処理すれば良いか分からないことも多いでしょう。

もちろん着物はファストファッションのように流行によって価格が大幅に下落するということはありませんが、保存状態が悪いと黄ばみや虫食いなど価値が激減してしまうので、もし今後着る予定が無いならば早急に買取に依頼することをおすすめします。ここでは着物に関して知識の無い方が、着物買取を利用する際にチェックすべきポイントについて見ていきましょう。

まず着物買取を依頼する業者について整理しましょう。着物のほとんどは日常的に使用する安価なものなのですが、時々驚くほど高価な着物が一般家庭から出てくることもあります。

もちろん人間国宝級の作家が作った着物が出ることは稀なのですが、有名産地や有名作家などの作品は比較的よく発見されます。

しかしせっかく価値のある着物であっても、いわゆる総合リサイクルショップなどでは正しい価値として見積もられないこともあります。そのため、もしかして高価な着物かもと思ったなら、ぜひ着物買取の専門店へ依頼することをおすすめします。専門店では着物買取のプロフェッショナルが鑑定を行ってくれるので、どんな着物であっても見逃すこと無く正確に査定してくれるでしょう。

そもそも自分の着物が価値があるのか分からないという方も多いでしょうが、その際にはぜひ証書などの有無を確認して下さい。これはブランド物で言うところのギャランティカードなどに当たりますが、高価な着物であった場合には作家名や産地、また使用している生地などの記載がされているので、それらをチェックすると大まかな価値が分かります。

もちろん証書の見方や価値のある作家の名前なども分からない方も多いでしょうが、その際にはぜひ証書も合わせて着物買取に出して下さい。ブランド買取でも同じことが言えますが、着物買取でもこうした証書などがあれば付加価値としてプラス査定に結びつくことが多いので、もしお持ちならば捨てずに持っていくことをおすすめします。

このように着物買取は素人の方にとっては未知の分野ですが、知らずに処分して損をすることも多い分野なので、ぜひ適切な方法で買取に出して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめ着物買取業者
バイセル
バイセル
着物買取種類

黒紋付(くろもんつき)
日本の心を表現する「最高の礼装」

留袖(とめそで)
最も格の高いきもの。紋の数で用途が変わる

訪問着(ほうもんぎ)
ひと続きの華やかな絵羽模様が特徴

付け下げ(つけさげ)
柄がすべて上向きになっている

色無地(いろむじ)
一色無地の染めのきもの

小紋(こもん)
おしゃれ着の代表格

紬(つむぎ)
しっかりとした質感。通が好む魅力が豊富

スピード買取.jp